気持ちの整理

車の運転が怖いという事で、免許をとったのにも関わらずあまり運転をする事が出来ないという事がありますが、運転が怖いという事はまず気持ちが非常に大きく関係している事になります。事故を起こしたくない。他の車の威圧が怖い。といった部分で大きな国道で運転する事が出来ないという事もあります。実際、運転に恐怖を感じる事は誰でもある事にはなりますが、想像している異常に運転は恐怖を感じる事ではありません。

 

もちろん事故は怖い事ですし、現代では全国で数百もの自動車事故が発生しています。その為に自分がどれだけ運転が得意であっても事故は起こってしまう事になります。事故を起こすという事に気持ちが怖がっていては誰も運転をする事が出来ません。まず、運転が怖いという事に対して、何が怖いのかしっかりと明確に自分で理解する事が大切です。

 

何となく怖いといった事は理由ではなく、絶対に何故運転が怖いのかという理由が存在するはずです。気持ちが強ばっていると標識を見過ごしてしまう事もありますし、信号に気づかないというトラブルも発生してしまいます。運転をする際にはまず気持ちを出来るだけ落ち着かせるという事が気軽に運転をするという事には最低限必要な事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.